現状はどのようになっているかを知ろう

私服の女性

近年、事業所の規模の大小を問わず貸事務所のニーズが高まりつつあります。事業をはじめたいが自社所有の事務所を建設するお金がない、新たな事業の立ち上げの際にのみ別の事務所を用意したい等という近年のビジネスの形態の変化により高いニーズはこれからも続いていくといわれています。特に様々なビジネスの中心地である梅田エリアや、ここ20年で急速に再開発が進んでいる中之島エリア、大阪駅からほど近く歴史と伝統ある企業も数多く立ち並ぶ淀屋橋エリア等の人気が高いようです。貸事務所の稼働床面数や市場規模は梅田エリアが圧倒的で、本町や淀屋橋といったエリアが続いていきます。その中でも最近注目を集めているのが新大阪エリアで、大型ビルを中心とした貸事務所等の供給が増加傾向にあります。

その事務所のどんな点を見るべきか

では、そんな激戦地である大阪で貸事務所を借りる際には、どんな点に注目をすればよいのでしょうか。まずはその事務所の広さに着目しましょう。その際には現状の社員数や備品の数がぎりぎり入る大きさよりも少し余裕がある広さの所を選ぶようにしましょう。事務所で業務を行う人員や、使用する機器等は常に変化していきます。そうした変化に対応する際に人や物が減る分には良いですが、増える際にも対応出来るようなスペースを用意しておくことが大切です。また、エリアを問わず何らかの交通機関が近くにあるような貸事務所を選ぶ事も重要といえます。自社の社員はもちろん、来客の利便性を考えると交通機関の近くにあった方が色々と便利だからです。

その他選ぶ際のポイントは色々

また、来客者の事をより考えるならば、分かりやすい貸事務所を選ぶという事も考えましょう。分かりやすいというのは、大きなビルの中に入っていたり、近所に目印になるような建物や施設等がある、説明する時に土地勘の無い相手に伝えやすいような所を選びましょう。また、近年の大阪における貸事務所には、様々なオプションが付いた所も多いです。防音加工がなされていたり、電話転送等のコンシェルジュサービス等、各社多種多彩なサービスを提供して他との差別化を図っています。そうした中で、自社が本当に欲しいサービスは何かという事をはっきりさせて、不要なサービスに料金を払い続けないようにするという事がコストカットという面からも重要になります。その他、貸事務所を借りる際には保証金等の手数料の類や、光熱費等といった費用もかかってきます。それらの料金も比較し、少しでも安い所を選びましょう。

広告募集中